ももクロちゃんはじめました。
ももいろクローバーZの動画・画像・CD・DVD・本などを紹介しています
ももいろクローバーZ

2016年、ももいろクローバーZ、及び早見あかりが表紙を飾った雑誌(ムック・単行本・フリーペーパー含む)をまとめてみた。

2015年版はコチラ→「2015年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ
2014年版はコチラ→「2014年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ
2013年版はコチラ→「2013年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ
2012年版はコチラ→「2012年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ


SEDA 2016年2月号(表紙:早見あかり)
2016.01.07/SEDA 2016年2月号 [雑誌](早見あかり)

FLEEK 1月号(読売新聞夕刊(大阪本社版)折込フリーペーパー)
2016.01.15/FLEEK 1月号(読売新聞夕刊(大阪本社版)折込フリーペーパー)

就活スタイルブック2017(早見あかり)
2016.01.19/SHU-KATSU STYLE FOR 2017(就活スタイルブック2017) [フリーペーパー](早見あかり)

TOKYO FM マンスリータイムテーブル 2016年2月号(フリ-ペーパー)
2016.02.01/TOKYO FM マンスリータイムテーブル 2016年2月号 [フリーペーパー]

7ぴあ 2016年2月号 [フリーペーパー]
2016.02.01/7ぴあ 2016年2月号 [フリーペーパー]

HMV the music & movie master 276号(フリーペーパー)
2016.02.02/HMV the music & movie master 276号 [フリーペーパー]

日経エンタテインメント! 2016年3月号
2016.02.04/日経エンタテインメント! 2016年3月号 [雑誌]

TV Bros. 2016年2月13日号
2016.02.10/TV Bros. 2016年2月13日号 [雑誌]

ミューズクリップ 1037号 [フリーペーパー]
2016.02.10/ミューズクリップ 1037号 [フリーペーパー]

Va Vol.163 [フリーペーパー]
2016.02.15/Va Vol.163 [フリーペーパー]

MUSIC Fun Live Information Magazine FUN Vol.21(フリーペーパー)(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏)
2016.02.20/MMUSIC Fun Live Information Magazine FUN Vol.21 [フリーペーパー](百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏)

MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン) 2016年3月号
2016.02.20/MUSIC MAGAZINE(ミュージックマガジン) 2016年3月号 [雑誌]

SWITCH Vol.34 No.3
2016.02.20/SWITCH Vol.34 No.3 [雑誌]

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS”」
2016.02.20/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS”」

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “白金の夜明け”」
2016.02.20/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “白金の夜明け”」

週刊ビッグコミックスピリッツ 35周年記念コラボグラビアMOOK [ムック]
2016.02.29/週刊ビッグコミックスピリッツ 35周年記念コラボグラビアMOOK [ムック]

WEEKLY WiSE 493号 [フリーペーパー]
2016.03.02/WEEKLY WiSE 493号 [フリーペーパー]

週刊Vetter No.269 [フリーペーパー]
2016.03.02/週刊Vetter No.269 [フリーペーパー]

高城れに ソロコンサート さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~ RENI TAKAGI 2nd SOLO CONCERT OFFICIAL PAMPHLET(高城れに)
2016.03.09/高城れに ソロコンサート さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~ RENI TAKAGI 2nd SOLO CONCERT OFFICIAL PAMPHLET(高城れに)

太宰府自慢 第五号(フリーペーパー)(百田夏菜子)
2016.03.15/太宰府自慢 第五号 [フリーペーパー](百田夏菜子)

太宰府自慢 第五号(限定帯付き) [フリーペーパー]
2016.03.25/太宰府自慢 第五号(限定帯付き) [フリーペーパー]

ももクロ画談録
2016.04.05/ももももクロ画談録 [単行本]

広報ふじみ 2016年6月号 [フリーペーパー](有安杏果)
2016.06.01/広報ふじみ 2016年6月号 [フリーペーパー](有安杏果)

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~」
2016.06.10/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~」

OVERTURE No.007(佐々木彩夏)
2016.06.18/OVERTURE No.007 [ムック](佐々木彩夏)

ココロノセンリツ♪(有安杏果)
2016.06.25/ココロノセンリツ♪ [単行本](有安杏果)

ももクロ吟遊録 ももいろクローバーZ公式記者 インサイド・レポート2015-2016
2016.08.20/ももクロ吟遊録 ももいろクローバーZ公式記者 インサイド・レポート2015-2016 [単行本]

百田夏菜子 & 玉井詩織 「ももたまい婚」 OFFICIAL LIVE PAMPHLET(百田夏菜子、玉井詩織)
2016.09.04/百田夏菜子 & 玉井詩織 「ももたまい婚」 OFFICIAL LIVE PAMPHLET(百田夏菜子、玉井詩織)

NHKみんなのうた 2016年10・11月号 [雑誌]
2016.09.17/NHKみんなのうた 2016年10・11月号 [雑誌]

Ayaka Sasaki [パンフレット](佐々木彩夏)
2016.09.19/Ayaka Sasaki [パンフレット](佐々木彩夏)

有安杏果「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat ~ Vol.0.5」OFFICIAL LIVE PAMPHLET [パンフレット](有安杏果)
2016.11.26/有安杏果「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat ~ Vol.0.5」OFFICIAL LIVE PAMPHLET [パンフレット](有安杏果)

ももクロ×プロレス [単行本]
2016.11.30/ももクロ×プロレス [単行本]

ももクロ×プロレス [単行本]
2016.11.30/ももクロ×プロレス [単行本](ももクリ2016限定カバー)

ももクロ裏伝説 [単行本]
2016.12.15/ももクロ裏伝説 [単行本]

ねことも 2017年2月号 [雑誌](高城れに)
2016.12.16/ねことも 2017年2月号 [雑誌](高城れに)

週刊 東京ウォーカー+ No.39 [雑誌](早見あかり)
2016.12.21/週刊 東京ウォーカー+ No.39 [雑誌](早見あかり)

ももクロ道 [単行本]
2016.12.22/ももクロ道 [単行本]

ももクロ道 [単行本](ももクリ2016限定カバー)
2016.12.22/ももクロ道 [単行本](ももクリ2016限定カバー)

OVERTURE No.009 [ムック]
2016.12.23/OVERTURE No.009 [ムック]

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももいろクリスマス2016 ~真冬のサンサンサマータイム~」
2016.12.23/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももいろクリスマス2016 ~真冬のサンサンサマータイム~」

GO!GO!GUITAR 2017年2月号 [雑誌]
2016.12.27/GO!GO!GUITAR 2017年2月号 [雑誌]

2017-02-17-Fri [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバーZ

2015年、ももいろクローバーZ、及び早見あかりが表紙を飾った雑誌(ムック・単行本・フリーペーパー含む)をまとめてみた。

2014年版はコチラ→「2014年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ
2013年版はコチラ→「2013年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ
2012年版はコチラ→「2012年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ

週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年6号 [雑誌]
2015.01.05/週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年6号 [雑誌](早見あかり)

週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年7号 [雑誌]
2015.01.10/週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年7号 [雑誌](有安杏果)

週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年8号 [雑誌]
2015.01.19/週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年8号 [雑誌]

スカパー!TVガイドBS+CS 2015年2月号 [雑誌]
2015.01.24/スカパー!TVガイドBS+CS 2015年2月号 [雑誌]

GO!GO!GUITAR 2015年3月号 [雑誌]
2015.01.27/GO!GO!GUITAR 2015年3月号 [雑誌]

週刊SPA! 2015年2月10日・17日合併号 [雑誌]
2015.02.03/週刊SPA! 2015年2月10日・17日合併号 [雑誌]

日経エンタテインメント! 2015年3月号 [雑誌]
2015.02.04/日経エンタテインメント! 2015年3月号 [雑誌]

別冊FLIX vol.2 [雑誌]
2015.02.05/別冊FLIX vol.2 [雑誌]

HR(エイチアール) #030 2015年3・4月号 [雑誌]
2015.02.09/HR(エイチアール) #030 2015年3・4月号 [雑誌]

読売ファミリー 2015年2月12日号
2015.02.12/読売ファミリー 2015年2月12日号

クイック・ジャパン vol.118 [単行本]
2015.02.12/クイック・ジャパン vol.118 [単行本]

JSBN PRESS Vol.171 [フリーペーパー]
2015.02.13/JSBN PRESS Vol.171 [フリーペーパー](早見あかり)

Momoiro Clover Film Z 映画「幕が上がる」 ももいろクローバーZ オフィシャル・フォトブック [単行本]
(表紙)
Momoiro Clover Film Z 映画「幕が上がる」 ももいろクローバーZ オフィシャル・フォトブック [単行本]
(裏表紙)
2015.02.14/Momoiro Clover Film Z 映画「幕が上がる」 ももいろクローバーZ オフィシャル・フォトブック [単行本]

ピクトアップ 2015年4月号 [雑誌]
2015.02.18/ピクトアップ 2015年4月号 [雑誌]

キネマ旬報 2015年3月上旬号 No.1683 [雑誌]
2015.02.20/キネマ旬報 2015年3月上旬号 No.1683 [雑誌]

週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年13号 [雑誌]
2015.02.23/週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年13号 [雑誌]

映画「幕が上がる」劇場パンフレット
2015.02.28/映画「幕が上がる」劇場パンフレット [パンフレット]

ザテレビジョン日本生命版 2015年No.10 [フリーペーパー]
2015.03.02/ザテレビジョン日本生命版 2015年No.10 [フリーペーパー]

週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年15号 [雑誌]
2015.03.09/週刊ビッグコミックスピリッツ 2015年15号 [雑誌](佐々木彩夏)

「高城の60分4本勝負」1st ソロライブ 公式パンフレット
2015.03.09/「高城の60分4本勝負」1st ソロライブ 公式パンフレット [パンフレット](高城れに)

週刊アスキー 2015年3月24日号 [雑誌]
2015.03.10/週刊アスキー 2015年3月24日号 [雑誌](早見あかり)

Hot-Dog PRESS No.17 [雑誌]
2015.03.12/Hot-Dog PRESS No.17 [雑誌](早見あかり)

早見あかり写真集「Twenteen」 [写真集]
2015.03.17/早見あかり写真集「Twenteen」 [写真集](早見あかり)

デジキャパ! 2015年4月号 [雑誌]
2015.03.20/デジキャパ! 2015年4月号 [雑誌](早見あかり)

デジモノステーション 2015年5月号 [雑誌]
2015.03.25/デジモノステーション 2015年5月号 [雑誌](早見あかり)

SHUTTER magazine Vol.16 [ムック]
2015.03.30/SHUTTER magazine Vol.16 [ムック](早見あかり)

ももプロZ AEスーパースター列伝 VOL.1 [コミック単行本]
2015.04.03/ももプロZ AEスーパースター列伝 VOL.1 [コミック単行本]

クイック・ジャパン vol.119 side-S [単行本]
2015.04.10/クイック・ジャパン vol.119 side-S [単行本](佐々木彩夏)

クイック・ジャパン vol.119 side-A [単行本]
2015.04.10/クイック・ジャパン vol.119 side-A [単行本](佐々木彩夏)

ジュニアエラ 2015年5月号 [雑誌]
2015.04.15/ジュニアエラ 2015年5月号 [雑誌]

AERA (アエラ) 2015年4月27日号 [雑誌]
2015.04.20/AERA (アエラ) 2015年4月27日号 [雑誌]

徳川家康公顕彰四百年記念事業浜松部会記念誌 [記念誌]
2015.04.25/徳川家康公顕彰四百年記念事業浜松部会記念誌 [記念誌](百田夏菜子)

徳川家康公顕彰四百年記念事業浜松部会パンフレット [フリーペーパー]
(表紙)
徳川家康公顕彰四百年記念事業浜松部会パンフレット [フリーペーパー]
(裏表紙)
2015.04.25/徳川家康公顕彰四百年記念事業浜松部会パンフレット [フリーペーパー]

週刊ビッグコミックスピリッツ 22・23合併号 [雑誌](有安杏果)
2015.04.27/週刊ビッグコミックスピリッツ 22・23合併号 [雑誌](有安杏果)

別冊FLIX plus vol.1 [雑誌]
2015.04.30/別冊FLIX plus vol.1 [雑誌]

シアターガイド 2015年6月号 [雑誌]
2015.05.02/シアターガイド 2015年6月号 [雑誌]

Futako Style Summer No.01 [フリーペーパー](早見あかり)
2015.05.07/Futako Style Summer No.01 [フリーペーパー](早見あかり)

演劇ぶっく 2015年6月号 [雑誌]
2015.05.09/演劇ぶっく 2015年6月号 [雑誌]

週刊ビッグコミックスピリッツ 27合併号 [雑誌](高城れに)
2015.06.01/週刊ビッグコミックスピリッツ 27合併号 [雑誌](高城れに)

留学ジャーナル 2015年8月号 [雑誌](早見あかり)
2015.06.10/留学ジャーナル 2015年8月号 [雑誌](早見あかり)

ももプロZ AEスーパースター列伝 VOL.2 [コミック単行本]
2015.07.03/ももプロZ AEスーパースター列伝 VOL.2 [コミック単行本]

まんがライフセレクション ラーメン大好き小泉さん増刊号 [雑誌](早見あかり)
2015.07.04/まんがライフセレクション ラーメン大好き小泉さん増刊号 [雑誌](早見あかり)

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「桃神祭2015 エコパスタジアム大会」
2015.07.26/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「桃神祭2015 エコパスタジアム大会」

ももクロ見聞録 ももいろクローバーZ 公式記者インサイド・レポート 2013-2015 [単行本]
2015.08.08/ももクロ見聞録 ももいろクローバーZ 公式記者インサイド・レポート 2013-2015 [単行本]

Futako Style autummn No.02 [フリーペーパー](早見あかり)
2015.09.01/Futako Style autummn No.02 [フリーペーパー](早見あかり)

OVERTURE No.004 [ムック]
2015.09.19/OVERTURE No.004 [ムック](玉井詩織)

B.L.T. 2015年11月号 [雑誌]
2015.09.24/B.L.T. 2015年11月号 [雑誌]

クイック・ジャパン vol.122 [単行本]
2015.10.10/クイック・ジャパン vol.122 [単行本](百田夏菜子)

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」
2015.10.31/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」

月刊e-みる(いーみる) 2015年12月号 [フリーペーパー]
2015.11.22/月刊e-みる(いーみる) 2015年12月号 [フリーペーパー]

NHKウィークリーステラ 2015年12月4日号 [雑誌]
2015.11.25/NHKウィークリーステラ 2015年12月4日号 [雑誌](早見あかり)

ももプロZ AEスーパースター列伝 VOL.3 [コミック単行本]
2015.12.04/ももプロZ AEスーパースター列伝 VOL.3 [コミック単行本]

クイック・ジャパン vol.123 [単行本]
2015.12.11/クイック・ジャパン vol.123 [単行本]

+act.(プラスアクト) 2016年1月号 [雑誌]
2015.12.12/+act.(プラスアクト) 2016年1月号 [雑誌]

2015-12-31-Thu [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
南国ピーナッツ(松崎しげる)

2012年4月21日/「ももクロ春の一大事 2012 横浜アリーナまさかの2DAYS ~ももクロ☆オールスターズ 2012~」/神奈川・横浜アリーナ
→「Summer Dive 2012」開催を発表。
今年の夏は西武ドームだZ!! ももクロ初のスタジアムライブ - 音楽ナタリー
しげるもデュークも指原も!ももクロ横アリ初日てんこ盛り - 音楽ナタリー

2012年8月5日/「Summer Dive 2012 Tour ~最終戦~ 8.5 西武ドーム大会」/埼玉・西武ドーム
→「ももいろクリスマス2012」開催を発表。
しげるが発表!ももクロXmas「ももクリ」今年は2DAYS - 音楽ナタリー
ももクロ、真夏の西武ドームで頭のネジ外してバカ騒ぎ - 音楽ナタリー

2012年12月25日/「ももいろクリスマス2012~さいたまスーパーアリーナ大会~」/埼玉・さいたまスーパーアリーナ
→「春の一大事2013」開催を発表。
西武ドームで2バーイ!ももクロ恒例「春の一大事」2DAYS - 音楽ナタリー
ももクロXmasライブ2DAYS「目の前の壁は大きな夢」 - 音楽ナタリー

2013年2月2日/「ももクロ試練の七番勝負 episode.3」(VSお父さん:勝谷誠彦)/東京・東京キネマ倶楽部
→「日産スタジアムでのライブ」開催を発表。
ももクロ、夏のライブ会場は日産スタジアムに決定 - 音楽ナタリー
ももクロ破竹の7連勝!「試練の七番勝負 episode.3」後半戦 - 音楽ナタリー

2013年4月14日/「ももクロ春の一大事2013 西武ドーム大会~星を継ぐももvol.2 Peach for the Stars~」/埼玉・西武ドーム
→発表なし。「愛のメモリー」をフル歌唱。
しげる!香美!冬美!ももクロ「春の一大事」怒濤の2日目 - 音楽ナタリー

2013年8月4日/「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会」/神奈川・日産スタジアム
→「ももいろクリスマス2013」開催を発表。
ももクロ、西武ドームで「ももクリ」&新曲は怒髪天提供 - 音楽ナタリー
ももクロ6万人日産スタジアムライブに布袋、猫、武井壮 - 音楽ナタリー

2013年12月23日/「White Hot Blizzard MOMOIRO CHRISTMAS 2013 美しき極寒の世界」(ももいろクリスマス2013)/埼玉・西武ドーム
→「国立競技場でのライブ」開催を発表。※映像出演。
ももクロ、3月に夢の国立競技場2DAYSライブ実現 - 音楽ナタリー
ももクロ、極寒の西武ドーム公演で国立サプライズに号泣 - 音楽ナタリー

2014年3月15日/「ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 ~NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ~」/東京・国立競技場
→「日産スタジアムでのライブ」開催を発表。
ももクロ、夢の国立で初ライブ「ここがパワースポット」 - 音楽ナタリー

2014年7月27日/「ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~」/神奈川・日産スタジアム
→「ももいろクリスマス2014」開催を発表。
ももクロ、恒例「ももクリ」はたまアリ2DAYS - 音楽ナタリー
雨にも負けず!ももクロ「桃神祭」でバカ騒ぎ - 音楽ナタリー

2014年12月25日/「ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会~Shining Snow Story~」/埼玉・さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
→「ももクロどんたく」開催を発表。
ももクロ、4月に福岡 ヤフオク!ドームでAE限定ライブ2DAYS - 音楽ナタリー
ももいろクローバーZ、たまアリで田中将大投手に三振奪われる - 音楽ナタリー

2015年1月11日/「ふじいとヨメの七日間戦争」俺のザ・ベストテン/東京・日本青年館
→「俺の藤井2016 in さいたまスーパーアリーナ「タイナマイト」」開催を発表。

2015年4月4日/公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント「ももクロどんたく 2015 春 ~劇空間プロライブ~」/福岡・福岡ヤフオク!ドーム
→ヘアメイクさんの結婚を発表。

2015年5月22日/舞台「幕が上がる」/東京・Zeppブルーシアター六本木
→「桃神祭2015」開催を発表。※カーテンコールにて。

※以下追加掲載

2015年8月1日/「桃神祭2015 エコパスタジアム大会~遠州大騒儀~」/静岡・エコパスタジアム
→ニューアルバムリリースとドームツアー開催を発表。
舘ひろしは箱推し!ももクロ「桃神祭2015」にファン熱狂 - 音楽ナタリー

2016年4月3日/MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “白金の夜明け”/埼玉・西武プリンスドーム
→「桃神祭2016」開催を発表。
ももクロドームツアー完遂、玉井詩織は加山雄三から“若大将”襲名 - 音楽ナタリー

<以下追記>

2016年8月14日/桃神祭2016 ~鬼ヶ島~(DAY2)/神奈川・日産スタジアム
→「ももいろクリスマス2016」開催を発表。
ももクロ「桃神祭」11万5千人と繰り広げた“最高の夏祭り” - 音楽ナタリー

2016年12月24日/ももいろクリスマス2016 ~真冬のサンサンサマータイム~(DAY2)/千葉・幕張メッセ
→「ももクロ夏のバカ騒ぎ2017」開催を発表。
ももクロ“常夏のももクリ”に4万人超&8月スタジアムライブは関東で - 音楽ナタリー

2015-05-24-Sun [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバーZ

2014年、ももいろクローバーZ、及び早見あかりが表紙を飾った雑誌(ムック・単行本・フリーペーパー含む)をまとめてみた。

2013年版はコチラ→「2013年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ
2012年版はコチラ→「2012年ももクロが表紙を飾った雑誌の一覧まとめ

TV Bros. 2014年1月4日号 [雑誌]
2014.01.04/TV Bros. 2014年1月4日号 [雑誌](早見あかり)

日経エンタテインメント! 2014年3月号 [雑誌]
2014.02.04/日経エンタテインメント! 2014年3月号 [雑誌]

クイック・ジャパン vol.112 [単行本]
2014.02.12/クイック・ジャパン vol.112 [単行本](高城れに)

B.L.T.関東版 2014年4月号 [雑誌]
2014.02.24/B.L.T.関東版 2014年4月号 [雑誌](百田夏菜子)

B.L.T.関西版 2014年4月号 [雑誌]
2014.02.24/B.L.T.関西版 2014年4月号 [雑誌](玉井詩織)

B.L.T.中部版 2014年4月号 [雑誌]
2014.02.24/B.L.T.中部版 2014年4月号 [雑誌](佐々木彩夏)

B.L.T.福岡・広島版 2014年4月号 [雑誌]
2014.02.24/B.L.T.福岡・広島版 2014年4月号 [雑誌](有安杏果)

B.L.T.北海道・宮城版 2014年4月号 [雑誌]
2014.02.24/B.L.T.北海道・宮城版 2014年4月号 [雑誌](高城れに)

Graduation -高校卒業-2014 [ムック]
2014.02.26/Graduation -高校卒業-2014 [ムック](玉井詩織)

WEEKLY WiSE 390号 [フリーペーパー]
2014.03.12/WEEKLY WiSE 390号 [フリーペーパー](きもクロ)

週刊ビッグコミックスピリッツ 2014年18号 [雑誌]
2014.03.31/週刊ビッグコミックスピリッツ 2014年18号 [雑誌]

SHUTTER magazine Vol.12 [ムック]
2014.03.31/SHUTTER magazine Vol.12 [ムック](早見あかり)

東京ウォーカー 2014年5月2日号 [雑誌]
2014.04.15/東京ウォーカー 2014年5月2日号 [雑誌](きもクロ)

PHaT PHOTO(ファットフォト) Vol.81 [雑誌]
2014.04.20/PHaT PHOTO(ファットフォト) Vol.81 [雑誌](早見あかり)

リセット福岡版 Vol.104
2014.04.26/リセット福岡版 Vol.104 [フリーペーパー](早見あかり)

Quick Japan Special Issue ももいろクローバーZ ~Compass of the dream~ 2013-2014 [単行本]
2014.04.26/Quick Japan Special Issue ももいろクローバーZ ~Compass of the dream~ 2013-2014 [単行本]

シナリオ 2014年6月号 [雑誌]
2014.05.02/シナリオ 2014年6月号 [雑誌](早見あかり)

月刊少年ライバル 2014年6月号 [雑誌]
2014.05.02/月刊少年ライバル 2014年6月号 [雑誌]

悪夢ちゃん 夢のつづき編 [単行本]
2014.05.02/悪夢ちゃん 夢のつづき編 [単行本]

ももプロZ 5巻 [コミック単行本]
2014.05.02/ももプロZ 5巻 [コミック単行本]

ももプロZ 6巻 [コミック単行本]
2014.05.02/ももプロZ 6巻 [コミック単行本]

週刊少年マガジン 2014年No.23 [雑誌]
2014.05.07/週刊少年マガジン 2014年No.23 [雑誌]

風とロックと写真 [写真集]
2014.05.08/風とロックと写真 [写真集]

ドラDAYS vol.1 ドラえもん かぶってタオル [コミック単行本]
2014.05.22/ドラDAYS vol.1 ドラえもん かぶってタオル [コミック単行本](百田夏菜子)

クイック・ジャパン vol.114 [単行本]
2014.06.12/クイック・ジャパン vol.114 [単行本](玉井詩織)

ももクロ流 ~5人へ伝えたこと 5人から教わったこと~ [単行本]
2014.06.18/ももクロ流 ~5人へ伝えたこと 5人から教わったこと~ [単行本]

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~」
2014.07.21/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~」 [パンフレット]

月刊デビュー 2014年9月号 [雑誌]
2014.08.01/月刊デビュー 2014年9月号 [雑誌](百田夏菜子)

週刊Vetter No.189 [フリーペーパー]
2014.08.06/週刊Vetter No.189 [フリーペーパー]

月刊大人ザテレビジョン 2014年10月号 [雑誌]
2014.08.24/月刊大人ザテレビジョン 2014年10月号 [雑誌]

週刊ビッグコミックスピリッツ 2014年39号 [雑誌]
2014.08.25/週刊ビッグコミックスピリッツ 2014年39号 [雑誌]

an 2014年10月6日号 [フリーペーパー]
2014.09.29/an 2014年10月6日号 [フリーペーパー](早見あかり)

an(福岡版) 2014年10月6日号 [雑誌]
2014.09.29/an(福岡版) 2014年10月6日号 [雑誌](早見あかり)

20±SWEET(トゥエンティ・スウィート)2014 AUTUMN [ムック]
2014.10.06/20±SWEET(トゥエンティ・スウィート)2014 AUTUMN [ムック](百田夏菜子)

週刊ビッグコミックスピリッツ 2014年46号 [雑誌]
2014.10.11/週刊ビッグコミックスピリッツ 2014年46号 [雑誌](早見あかり)

クイック・ジャパン vol.116 [単行本]
2014.10.14/クイック・ジャパン vol.116 [単行本](有安杏果)

ももクロニクル2011-2012 全力少女が駆けぬけた秋冬春夏 [単行本]
2014.11.26/ももクロニクル2011-2012 全力少女が駆けぬけた秋冬春夏 [単行本]

ももクロニクル2012-2013 全力少女が駆けぬけた秋冬春夏 [単行本]
2014.11.26/ももクロニクル2012-2013 全力少女が駆けぬけた秋冬春夏 [単行本]

きものやまと 振袖カタログ
2014.12.01/きものやまと 振袖カタログ [カタログ](早見あかり)

きものやまと 振袖カタログ
2014.12.01/きものやまと 振袖カタログ [カタログ](早見あかり)

きものやまと 振袖カタログ
2014.12.01/きものやまと 振袖カタログ [カタログ](早見あかり)

きものやまと 振袖カタログ
2014.12.01/きものやまと 振袖カタログ [カタログ](早見あかり)

ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会 ~Shining Snow Story~」
2014.12.06/ももいろクローバーZ 公式パンフレット「ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会 ~Shining Snow Story~」 [パンフレット]

---以下追加掲載---

B.L.T.関東版 2015年2月号 [雑誌]
2014.12.18/B.L.T.関東版 2015年2月号 [雑誌]

B.L.T.関西版 2015年2月号 [雑誌]
2014.12.18/B.L.T.関西版 2015年2月号 [雑誌]

B.L.T.中部版 2015年2月号 [雑誌]
2014.12.18/B.L.T.中部版 2015年2月号 [雑誌]

B.L.T.福岡・広島版 2015年2月号 [雑誌]
2014.12.19/B.L.T.福岡・広島版 2015年2月号 [雑誌]

B.L.T.北海道・宮城版 2015年2月号 [雑誌]
2014.12.19/B.L.T.北海道・宮城版 2015年2月号 [雑誌]

2014-12-11-Thu [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
有安杏果

2014年8月19日、国立代々木競技場第一体育館で開催された「GIRLS' FACTORY 14」(DAY2)で、ももいろクローバーZが「灰とダイヤモンド」を披露した際に、有安杏果が涙したことがファンの間でちょっとした話題になっていた。

ライブの模様は、フジテレビNEXTでも生放送されており観ていた人も結構いるかと思う。涙を流した理由として、杏果のソロパート「砂にまかれても」のとき、うまく声が出なかったので悔しくて泣いたのではないか、という推測があった。

有安杏果
実際、杏果自身もうまく声が出なくて顔をしかめている様子がうかがえる。

有安杏果
その後に映った杏果のショット。


ただ、その推測は間違っていると指摘する声もあった。


有安杏果

有安杏果
上記画像は、その後の間奏での杏果のソロショット。目に涙はうかべているが、悔しくて涙したのならこんな笑顔できるはずがない!と。

有安杏果
その後、夏菜子のソロに続き、メンバー全員での歌唱が終わった後に見せた杏果の表情。

有安杏果

有安杏果
そして演奏が終わり、観客を見渡す杏果。

たしかに、悔しくて涙したというのとはちょっと違うなというのは、実際映像を観てみればよく分かる。でも、なぜ泣いたのかというのはファンそれぞれの推測の域を出なかった。

が、8月23日の杏果のブログで、一応説明がされた。

みんなの顔見てたら
いろんなことがフラッシュバックして
感極まっちゃったよ、もぅ(*T T*)


笑顔のうた希望のうた|有安杏果オフィシャルブログ「ももパワー充電所」 より


そして、9月4日に発売された「日経エンタテインメント! 2014年10月号」のももクロの連載コーナー「新・ももクロ61分3本勝負」において、川上マネージャーとの対談でそのことについて語られている箇所があった。



今年の夏のイベントの話になったところ。ちょっと重要な部分なので誤解を招かないためにもその箇所の全文を掲載する。


有安「一つ一つの達成感がすごかったよね。「終わった!」って(笑)。」

川上「俺は「GIRLS' FACTORY」でトリを務めさせてもらったのが本当にうれしかったな。(制作を手がけたフジテレビ・音組の仕事は)当時の実力なら当然だけど、最初は他の人のバックで踊るところから始まっているんだから。」

有安「そう!私もそれを思い出して、ぽろぽろ涙が出てきちゃった。」

川上「それで泣いてたのか。」

有安「うん。だからネットで「杏果は声が出なくて悔し泣きをしていた」って書かれて「あー、違うのにー!」と思ってた(笑)。」



これを受けて一部のももクロまとめサイトなどでは、感動話のように安易に取り上げたり、Twitterでも感動した!っていう意見が見受けられるが、上記の会話部分におかしい箇所があると感じる人はいないのだろうか?

何がおかしいねん!(*`・Θ・´*)
杏果の感動話にケチつけるんか!


という人もいるかと思うので、一から説明したいと思う。σ(・ω・*)の勘違いの可能性もあるし、間違っていたら遠慮なく否定して欲しいでありやす。コメント機能は付けてないけど(´・ω・`)


まず最初の川上氏の発言。
「GIRLS' FACTORY」でトリを務めさせてもらったのが本当にうれしかったな。
ももいろクローバーZは、「GIRLS' FACTORY」に結構な回数出演している。新しい順に書いていくと…
2014.08.19/GIRLS' FACTORY 14(DAY2)
 GIRLS' FACTORY 14 (2014.08.19) SETLIST - フジテレビ
 ももクロ×バンド勢&エビしゃち競演GF2日目 - 音楽ナタリー
2014.08.18/GIRLS' FACTORY 14(DAY1)
 GIRLS' FACTORY 14 (2014.08.18) SETLIST - フジテレビ
 代々木で豪華女子祭り開幕!ももクロコラボも - 音楽ナタリー
2013.08.07/GIRLS' FACTORY 13
 GIRLS' FACTORY 13 (2013.08.07 wed) SETLIST - フジテレビ
 miwaちゃんは反抗期!? miwaクロ豪華コラボライブ披露 - 音楽ナタリー
2012.07.28/GIRLS' FACTORY 12(DAY1)
 GIRLS' FACTORY 12 : SETLIST
2012.02.04/GIRLS' FACTORY LIVE 0204(公開収録ライブ)
2011.10.22/GIRLS' FACTORY LIVE 1022(公開収録ライブ)(※初出演)

「GIRLS' FACTORY 12」のセットリストを見れば分かると思うけど、もうこの時すでにトリを務め自分たちの楽曲を12曲も披露している。ちなみにその前のフジテレビ内スタジオで行われていた公開収録ライブの頃でも自分たちの楽曲を数曲披露しており、川上氏が続けて言うところの「最初は他の人のバックで踊るところから始まっている」は、当然GIRLS' FACTORYのことではない。

その川上氏の発言。
(制作を手がけたフジテレビ・音組の仕事は)当時の実力なら当然だけど、最初は他の人のバックで踊るところから始まっているんだから。
これは、2012年12月5日のフジテレビ「2012 FNS歌謡祭」のことを指しているかと思われる。ももクロがFNS歌謡祭に初出演するとファンの間で話題になったが、持ち歌の披露はなく、miwaのバックダンサー&コーラスのみの出演となって物議を醸した。
2012 FNS歌謡祭 - Wikipedia

「FNS歌謡祭」も「GIRLS' FACTORY」もフジテレビ・音組によるものであり、「2012 FNS歌謡祭」が音組演出のものへの最初の出演ではない。つまり「2012 FNS歌謡祭」出演の前に、「GIRLS' FACTORY 12」に出演しトリまで務めているのである。川上氏の勘違いなのか、それを受けて杏果も「そう!」と言っていることから、杏果も勘違いしているのか。
たぶんFNSへの初出演の際、バックダンサー扱いの持ち歌披露なしという記憶が強烈に残っており、音組との最初の仕事イコール「2012 FNS歌謡祭」というふうになっているのではないか。しかもそのときコラボしたのはmiwaである。前日のDAY1では、miwaクロとして「いつか君が」をライブで初披露し、miwaが感激して泣く場面があった。そういうこともあり、過去の記憶が呼び起こされたのかもしれない。

杏果が嘘を言っているとは思えないので、それを思い出して泣いたのは事実であろう。だとすれば、ある意味悔し涙ともいえなくはないが、この日は、多数のアーティストとコラボしていた。赤い公園、アーバンギャルド、ねごと、そしててんかすトリオとしてチームしゃちほこ、私立恵比寿中学のメンバーとも有安杏果はコラボした。この日の出演アーティスト全てとコラボしており、まさにももクロのライブと化したと言っても過言ではない。そんな中で最後の曲「灰とダイヤモンド」で涙した。

感極まって泣くというのは、いろんな理由があるし、杏果が泣いた理由に否定も何もしないけど、川上氏の発言に事実と異なる点があったこと、そしてそれを疑うことなく感動話として安易に受け入れる風潮にちょっと違和感を覚えたのでこんな記事を書いてしまった。「杏果推しは読むべし!」なんてまとめサイトの記事を見てしまいイラっとしてしまったのが本当のところ(・Θ・)

2014-09-06-Sat [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバー

久しぶりの雑記…半年ぶりくらいでしょうか。こんばんよう!(´・∀・` )

雑記というか、ももクロのまとめ的な記事を今までいろいろ書いてきたけど、そういえばももクロちゃんがいわゆる有名人と一緒にZポーズしている画像をまとめたものって見たことないなぁ、と思ってまとめてみた。結構な時間を費やしたのは言うまでもない。

あ、Zポーズというと、コレ↓もZポーズだし、

ももいろクローバーZ

コレ↓もZポーズに該当するわけだけど、

ももいろクローバーZ

まぁ一般的に認知されているZポーズというのは、「ももいろクローバーゼーット!!」のゼーット!!のときに指差すポーズとされているので、それは本当の意味でのZポーズぢゃないとか変な言いがかりは認めません(´・ω・`)

ももいろクローバーZ

では、以下ももクロと一緒にZポーズをキメる有名人を、一応時系列にまとめてみたのでご覧あれ。(※その人は別に有名人ぢゃないとかいう異論は認めない(`・ω・´) あとアナウンサーは、やたらとももクロちゃんと一緒にZポーズしたがるので多すぎて省略。)



蜷川実花×ももいろクローバーZ
蜷川実花×ももいろクローバーZ

水木一郎×ももいろクローバーZ
水木一郎×ももいろクローバーZ

ダウンタウン×ももいろクローバーZ
ダウンタウン×ももいろクローバーZ

氣志團×ももいろクローバーZ
氣志團×ももいろクローバーZ

アニメタルUSA×ももいろクローバーZ
アニメタルUSA×ももいろクローバーZ

玉置成実×ももいろクローバーZ
玉置成実×ももいろクローバーZ

大槻ケンヂ×ももいろクローバーZ
大槻ケンヂ×ももいろクローバーZ

矢口真里×佐々木彩夏
矢口真里×佐々木彩夏

ROCKETMAN(ふかわりょう)×有安杏果・玉井詩織
ROCKETMAN(ふかわりょう)×有安杏果・玉井詩織

明石家さんま×ももいろクローバーZ
明石家さんま×ももいろクローバーZ

オードリー・矢作兼(おぎやはぎ)・日村勇紀(バナナマン)×ももいろクローバーZ
オードリー・矢作兼(おぎやはぎ)・日村勇紀(バナナマン)×ももいろクローバーZ

麻生夏子×ももいろクローバーZ
麻生夏子×ももいろクローバーZ

きゃりーぱみゅぱみゅ×ももいろクローバーZ
きゃりーぱみゅぱみゅ×ももいろクローバーZ

あやまんJAPAN×ももいろクローバーZ
あやまんJAPAN×ももいろクローバーZ

はるな愛×ももいろクローバーZ
はるな愛×ももいろクローバーZ

長友佑都×百田夏菜子
長友佑都×百田夏菜子

岡村靖幸×ももいろクローバーZ
岡村靖幸×ももいろクローバーZ

ザ・ワイルドワンズ・松崎しげる×ももいろクローバーZ
ザ・ワイルドワンズ・松崎しげる×ももいろクローバーZ

益若つばさ×ももいろクローバーZ
益若つばさ×ももいろクローバーZ

玉置成実×ももいろクローバーZ
玉置成実×ももいろクローバーZ

石倉三郎・矢口真里・山口君(コント山口君と竹田君)×百田夏菜子・玉井詩織
石倉三郎・矢口真里・山口君(コント山口君と竹田君)×百田夏菜子・玉井詩織

叶姉妹×ももいろクローバーZ
叶姉妹×ももいろクローバーZ

渡辺直美・佐々木希×ももいろクローバーZ
渡辺直美・佐々木希×ももいろクローバーZ

加藤ミリヤ×ももいろクローバーZ
加藤ミリヤ×ももいろクローバーZ

JOY×ももいろクローバーZ
JOY×ももいろクローバーZ

チームしゃちほこ×ももいろクローバーZ
チームしゃちほこ×ももいろクローバーZ

私立恵比寿中学×ももいろクローバーZ
私立恵比寿中学×ももいろクローバーZ

山田孝之×ももいろクローバーZ
山田孝之×ももいろクローバーZ

栗山英樹×ももいろクローバーZ
栗山英樹×ももいろクローバーZ

大野智(嵐)×ももいろクローバーZ
大野智(嵐)×ももいろクローバーZ

篠山紀信×ももいろクローバーZ
篠山紀信×ももいろクローバーZ

天童よしみ×ももいろクローバーZ
天童よしみ×ももいろクローバーZ

飯島勲×ももいろクローバーZ
飯島勲×ももいろクローバーZ

旭日松×ももいろクローバーZ
旭日松×ももいろクローバーZ

高見盛×ももいろクローバーZ
高見盛×ももいろクローバーZ

黒柳徹子×ももいろクローバーZ
黒柳徹子×ももいろクローバーZ

松村邦洋×ももいろクローバーZ
松村邦洋×ももいろクローバーZ

りんかる×高城れに
りんかる×高城れに

篠山紀信×ももいろクローバーZ
篠山紀信×ももいろクローバーZ

岸本セシル×高城れに
岸本セシル×高城れに

坂本冬美×ももいろクローバーZ
坂本冬美×ももいろクローバーZ

安倍晋三×ももいろクローバーZ
安倍晋三×ももいろクローバーZ

飯島勲×ももいろクローバーZ
飯島勲×ももいろクローバーZ

片岡鶴太郎×ももいろクローバーZ
片岡鶴太郎×ももいろクローバーZ

北川景子×ももいろクローバーZ
北川景子×ももいろクローバーZ

クレヨンしんちゃん×ももいろクローバーZ
クレヨンしんちゃん×ももいろクローバーZ

徳光和夫×ももいろクローバーZ
徳光和夫×ももいろクローバーZ

笑福亭鶴瓶×ももいろクローバーZ
笑福亭鶴瓶×ももいろクローバーZ

miwa×ももいろクローバーZ
miwa×ももいろクローバーZ

和嶋慎治(人間椅子)・NARASAKI×ももいろクローバーZ
和嶋慎治(人間椅子)・NARASAKI×ももいろクローバーZ

ゆうぞう・谷村仁司×ももいろクローバーZ
ゆうぞう・谷村仁司×ももいろクローバーZ

本広克行×ももいろクローバーZ
本広克行×ももいろクローバーZ

カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)×ももいろクローバーZ
カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)×ももいろクローバーZ

水木一郎×ももいろクローバーZ
水木一郎×ももいろクローバーZ

名探偵コナン×ももいろクローバーZ
名探偵コナン×ももいろクローバーZ

アーバンギャルド×ももいろクローバーZ
アーバンギャルド×ももいろクローバーZ

miwa×ももいろクローバーZ
miwa×ももいろクローバーZ

永野×百田夏菜子・高城れに
永野×百田夏菜子・高城れに

串田アキラ×ももいろクローバーZ
串田アキラ×ももいろクローバーZ

笑福亭鶴瓶×ももいろクローバーZ
笑福亭鶴瓶×ももいろクローバーZ

田中将大×ももいろクローバーZ
田中将大×ももいろクローバーZ

柳田真孝・星野一義×ももいろクローバーZ
柳田真孝・星野一義×ももいろクローバーZ

鈴木亜久里×ももいろクローバーZ
鈴木亜久里×ももいろクローバーZ

田原総一朗×ももいろクローバーZ
田原総一朗×ももいろクローバーZ

ピーボ君×ももいろクローバーZ
ピーボ君×ももいろクローバーZ

武内直子×ももいろクローバーZ
武内直子×ももいろクローバーZ

倖田來未×ももいろクローバーZ
倖田來未×ももいろクローバーZ

坂本冬美×ももいろクローバーZ
坂本冬美×ももいろクローバーZ

高木ブー×ももいろクローバーZ
高木ブー×ももいろクローバーZ

コロッケ×百田夏菜子・高城れに
コロッケ×百田夏菜子・高城れに

スフィア×ももいろクローバーZ
スフィア×ももいろクローバーZ

篠山紀信×ももいろクローバーZ
篠山紀信×ももいろクローバーZ

松本明子×ももいろクローバーZ
松本明子×ももいろクローバーZ

清水ミチコ×ももいろクローバーZ
清水ミチコ×ももいろクローバーZ

木村真那月・北川景子×ももいろクローバーZ
木村真那月・北川景子×ももいろクローバーZ

ふなっしー×ももいろクローバーZ
ふなっしー×ももいろクローバーZ

ゆうぞう・谷村仁司・ジョーク東郷×ももいろクローバーZ
ゆうぞう・谷村仁司・ジョーク東郷×ももいろクローバーZ

大原櫻子×玉井詩織
大原櫻子×玉井詩織

飯島勲×百田夏菜子
飯島勲×百田夏菜子

出世大名家康くん×百田夏菜子
出世大名家康くん×百田夏菜子

古坂大魔王×佐々木彩夏・玉井詩織
古坂大魔王×佐々木彩夏・玉井詩織

スギちゃん・流れ星×ももいろクローバーZ
スギちゃん・流れ星×ももいろクローバーZ

中村正人(DREAMS COME TRUE)×百田夏菜子
中村正人(DREAMS COME TRUE)×百田夏菜子

荻野目洋子×ももいろクローバーZ
荻野目洋子×ももいろクローバーZ

レディー・ガガ(Lady Gaga)×ももいろクローバーZ
レディー・ガガ(Lady Gaga)×ももいろクローバーZ

SCANDAL×ももいろクローバーZ
SCANDAL×ももいろクローバーZ

アーバンギャルド×ももいろクローバーZ
アーバンギャルド×ももいろクローバーZ

ねごと×ももいろクローバーZ
ねごと×ももいろクローバーZ

ロペとアキラ先輩×ももいろクローバーZ
ロペとアキラ先輩×ももいろクローバーZ

北斗晶×ももいろクローバーZ
北斗晶×ももいろクローバーZ

※以下追加掲載

KISS×ももいろクローバーZ
KISS×ももいろクローバーZ

和田アキ子×有安杏果
和田アキ子×有安杏果

2014-09-04-Thu [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバーZ

遅ればせながら、2012年10月6日に発売された「SWITCH 特別編集号 ソーシャルカルチャーネ申1oo The Bible」を購入した。ももいろクローバーZが掲載されていることはもちろん知っていたのだが、なんとなくスルーしていた。上の画像は、グラビア8ページの最初の1枚をアレしてちょっと加工したものである。

なぜ、こんなにカッコイイのだろうか。なぜ、こんなに絵になるのだろうか。

2014-03-23-Sun [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top

先日、理事長がツイートしていた「ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会」のスタッフジャンパー。その真ん中に描かれていた五芒星的なマーク。自分で作成できるかな?…ということで、サクっと描いてみた↓

ももいろクローバーZ

サクっとと言いながら結構な時間かかってしまったのは内緒。

そういえば思い出したけど、「5TH DIMENSION」特設サイトの下部に表示されてある「EMERGENCY」ボタンをクリックすると、画面が変化して「GOUNN」の特設サイトへ移動する仕組みになっていて、その画面の切り替わる途中でこんなページに一瞬なる↓

5TH DIMENSION

上記画像は、切り替わる途中に急いでキャプチャしたもの。なんていうか、そのままももクロのグッズ用イラストにも応用できそうな感じだけど絶対販売しないでしょうね(´・ω・`)

2014-03-22-Sat [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバーZ

Twitterを見ていたらこんなツイート↓をみかけたので、ん?となった。
ちなみにRT(リツイート)は↓

何に、ん?となったのかというと、2010年11月4日に国立川、つまり立川フロム中武屋上で、ほんまにライブやったのかね?ということ。調べてみたら、そんな記録は残っていない。何を根拠にそんなことを言っているんだろうと、ネットで検索していたらこんなブログ記事を見つけた↓
『動画・「国立川ライブ」!!・ももクロ【LIVE at 立川】2010-12-12』など!!

YouTubeの動画紹介のところで、

れにちゃんがMCで、『アリスター選手がゲストで来た翌日のライブ!!』と言ってたので、『2010年11月4日』と思われる!!(アリスター選手がゲストで来たのは、『2010年11月3日』!!)

なんて書いておられるが、完全なウソである。ちょっと調べたら分かるのに(´・ω・`)

kkrt_movie.jpg

この動画は、2010年12月12日に立川フロム中武屋上で開催された「今年のラストは全員集合!~DD大歓迎 でた、三大分身の術の巻き~」(ももいろクローバー・私立恵比寿中学・みにちあベアーズ)のものである。
ちなみにれにちゃんの発言は、「アリスター選手も昨日言ってたじゃん」ということで、昨日つまり2010年12月11日に有明コロシアムで開催された「K-1 WORLD GP 2010 FINALハーフタイムショー」のことを言っている。
2010年11月3日に、ららぽーと豊洲で開催されたイベントにアリスター選手はサプライズ出演しているが、その翌日という意味ではない。あかりんのMC中での発言を聞いていれば、この動画の日にちがいつなのか分かるはずである。


…と、まぁ人の揚げ足を取る目的でこの記事を書いたわけではない。ももクロちゃんが、国立川と呼んでいる立川フロム中武屋上でのライブは、今まで何回行ってきたか。あとその辺の歴史というか、覚書というかメモというか、その辺のところを簡単にまとめておきたくなったので。

以下、立川フロム中武屋上でのライブ

2010年12月12日/「今年のラストは全員集合!~DD大歓迎 でた、三大分身の術の巻き~」
2011年2月19日/「ミライボウルがやってきた。」(ツアー)
2011年3月5日/「ミライボウルがやってきた。」(ツアー)
2011年11月3日/“労働讃歌"新曲披露イベント&ヤングジャンプ主催シークレットライブ

なお、冒頭のツイートにもあるように、ももクロちゃんが「国立川」ということで、花道を作ったりして立川フロム中武屋上を国立競技場に見立てたのは、2011年2月19日が始まりである。

以下、ももクロメンバー2011年2月19日のブログ記事
国立競技場?的なー笑|ももいろクローバーZ 百田夏菜子 オフィシャルブログ
国立川(*^^*)|ももいろクローバーZ 玉井詩織 オフィシャルブログ
☆なんちゃってです。あーりんです。☆|ももいろクローバーZ 佐々木彩夏 オフィシャルブログ
国立川公演|ももいろクローバーZ 有安杏果オフィシャルブログ
あははははは~!!!|ももいろクローバーZ 高城れに オフィシャルブログ

また実際、この日のライブに参戦された方のブログ記事も紹介しておきたい。
2011年2月19日 ももいろクローバー「2011年ももクロ新春スペクタクルツアー ミライボウルがやってきた。」第1部 in フロム中武: 無頼横町
2011年2月19日 ももいろクローバー「2011年ももクロ新春スペクタクルツアー ミライボウルがやってきた。」第2部 in フロム中武: 無頼横町
ももクロ@立川フロム中武2/19 ー立川が国立競技場になった日 - パノラマロジック

ちょっと、(゚ロ゚;)ハッ!!としたのは、一つ目のブログ記事の中ほどの文章。

構成も振り付けも違いました。いつもは「overture」から始まるところを、ステージの奥の方で6人が背中を向け、「ももいろパンチ」をアカペラで歌い始めます。
~中略~
「行くぜっ!怪盗少女」では、最初のポーズが全員右腕を上に立て人差し指を立てています。


!!!!!

ももいろクローバーZ

この写真のポーズ、てっきりワンピース的なアレなのかと思っていたけど、初「国立川」のステージでやっていたんですね。ちょっとゾクッとした…

でこまゆ

ちなみにこのときのステージ衣装は、学ラン風の衣装(2011年2月19日早見あかりオフィシャルブログより)。いわずと知れた早見あかりデザインによる衣装で、ももクロ初のホールワンマンライブとなった「ももいろクリスマス in 日本青年館~脱皮:DAPPI~」での衣装である。

なんかもういろんなことがリンクし過ぎていて、3月15日・16日の国立競技場大会がどうなるのか楽しみでしょうがない。


行かないけど(´;ω;`)

2014-03-12-Wed [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
クローバー

ももクロのロゴや、公式サイトの背景、アイコンなどにも使われている四つ葉のクローバーのイラスト。これって、グラフィック系のソフトで簡単に作成できるものだろうか、とふと思って作ってみたのが上の画像。
グラフィック系のソフトとは、フォトショップやイラストレーターのことだが、結論から言うと簡単に作成できる。ちなみに類似のソフトでもたぶん可能だが、試していないので分からない。作成しやすいのはイラストレーター。この記事の画像もイラストレーターで作成。

絵描きノフさんや、イラレノフさんにしてみれば、何をドヤ顔で今さらwと言われそうだが、実は作るのは簡単だが、その作り方に至るまで結構、試行錯誤してたどり着いたので、もし何かの役に立てばと思って(´・ω・`)

何をそんなに試行錯誤したのかと言うと、ハートの交わる部分がちょうど90度、直角になっている点。ハートを描くのは実はそんなに難しいことではない。ただちょうど先端部分が直角になるように普通にハートを作成しようとすると、落とし穴にハマってしまうのである。

以下、落とし穴にハマってしまった四つ葉のクローバーの作成方法をざっくり説明。
(※作成ソフトはイラストレーター。簡単な作成方法は後述。)

クローバー
まず円を描いて、下のアンカーポイントを伸ばす。

クローバー
「アンカーポイントの切り換えツール」で伸ばしたアンカーポイントをクリック。

クローバー
オブジェクトを複製して回転。

クローバー
両方のオブジェクトを回転。(※最初に回転させた角度の逆方向の半分の数値)

クローバー
回転。

クローバー
複製して反転させて間隔をあける。

クローバー
完成。

・・・思てたんと違う!!

\\\٩( 'ω' )و ////


一番上の画像と比べてみたら分かると思うが、ハートの先端部分が直角になっていない。これでもできるだけ直角になるように作成してみたが、この方法だと完全な直角にすることはまず無理である。

では、どうするのか。
以下、簡単な四つ葉のクローバーの作成方法をざっくり説明。

クローバー
円を描く。

クローバー
正方形を描く。

クローバー
円の中心に正方形の左辺を重ねる。

クローバー
複製したものを回転させる。

クローバー
さらに複製したものを回転。

クローバー
間隔をあける。

四つ葉のクローバー
完成。

でけた!

\\\٩( 'ω' )و ////


お分かり頂けただろうか(´・ω・`) 簡単な作成方法では、円と四角しか描いていないことに。
せっかくなので、メンバーカラーの四つ葉のクローバーも作成してみた↓
(※クリックで拡大。背景透明PNG画像、802×802ピクセル。)

クローバー

クローバー

クローバー

クローバー

クローバー

2014-03-03-Mon [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
withモデルプロフィール

上の画像は、with公式サイトの「withモデルプロフィール」ページのものである。
with モデル プロフィール | with online

それぞれのモデルをクリックすると、簡単なプロフィールページへと進む。

早見あかり

w( ̄o ̄)w オオー! あかりん茶髪やないか!
…というのは、この際あまり関係ない。

ちょっと前から、薄々気になっていたのだが、withモデルとして紹介されている早見あかりは、本当に今も雑誌に登場しているのか?という疑問。ちなみに「with」というのは、講談社から発行されている20代~30代女性向けのファッション雑誌のこと。

早見あかりが、初登場したのは、2012年6月号。以降、withモデルとして登場することとなる。ということで、このブログでも早見あかりが掲載されている雑誌ということで、毎号記事にしてきた。毎月購入していれば今回のような記事を書く必要もなかったのだが、オサレ女子ノフでもなんでもないσ(・ω・*)が、確認のためだけに購入するというのはキツイものがある、ということで、一応with公式サイトの次号予告に早見あかりの名前があるかどうかを確認するにとどめておいた。

…のだが。

with 次号予告

上記画像は、次号予告のもの。次号というのは2014年4月号(2014年2月27日発売)。with modelsとして紹介されているモデル一覧に早見あかりの名前がない。毎号確認してきたつもりだが、こんなことは、たぶん初めてである。

どないなっとるんや!(`・ω・´)

ということでついカッとなって、過去のやつを何冊かまとめ買いした。

with

購入したのは、「2014年3月号」「2014年2月号」「2014年1月号」「2013年11月号」「2013年9月号」。

結論から言おう。全ページチェックしてみたが、上記の号に早見あかりは掲載されていませんでした(´・ω・`)


withモデル
こちらは先ほども紹介した「2014年3月号」の次号(4月号)予告ページ。

withモデル
これは、「2014年2月号」の次号(3月号)予告ページ。
withモデルとして早見あかりが紹介されているのに、次号(3月号)では、全く早見あかりは登場しません。オー!シット!

こういうケースは、「2014年1月号」「2013年11月号」の予告ページでも同様。予告で紹介しているのに、次号では全く登場しない。オー!ミステリアス!

withモデル
こちらは、「2013年9月号」の次号(10月号)予告ページ。
「2013年10月号」には、早見あかりは登場します。

…ということで、with公式サイトの次号予告だけで判断して、実際には登場しないと判明した過去の紹介記事は削除しました。ごめんなさい(´・ω・`)

「with」のバックナンバーを取り寄せて、実際あかりんが登場しているか確認しようかとも思っているのだが、確実に登場している号と登場していない号を、以下に記載しておこうと思う。

2014年
2014年3月号/未登場
2014年2月号/未登場
2014年1月号/未登場
2013年
2013年12月号/?
2013年11月号/未登場
2013年10月号/登場
2013年9月号/未登場
2013年8月号/?
2013年7月号/?
2013年6月号/?
2013年5月号/登場
2013年4月号/登場
2013年3月号/登場
2013年2月号/登場
2013年1月号/?
2012年
2012年12月号/?
2012年11月号/登場
2012年10月号/登場
2012年9月号/?
2012年8月号/登場
2012年7月号/?
2012年6月号/初登場

たぶん「2013年10月号」で、withとの契約が切れたのかなと推測。理由としては「2013年11月号」から、あーりんじゃないほうの佐々木さん、佐々木希チャンがwith専属モデルで登場することとなり、雑誌の刷新を図ったのではないかと。

with 2013年11月号 [雑誌]

ということで、最新号の次号予告のwithモデル一覧から早見あかりの名前が消えていたわけだが、with公式サイトのプロフィールページは残っているので、なんとも言えないが、今後が気になるところではある。

以前書いた関連記事
・2013.03.01/最年少withモデル早見あかり
・2012.07.14/with モデル 早見あかり

2014-02-07-Fri [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバーZ

なんとなく作ってみた(´・ω・`)

百田夏菜子

ペプシライブのときのロゴを参考に。
ていうか、このTシャツ欲しいんですけど(´・ω・`)

ももいろクローバーZ

シンプルバージョン。

2014-01-26-Sun [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
「天使とジャンプ」

2013年12月23日・24日と2夜連続でNHKにて放送された、ももいろクローバーZ主演のクリスマスドラマ「天使とジャンプ」。みなさんご覧になっていかがだったであろうか。いろいろ感想はあると思うけど、個人的に謎というか、分からないところが一つだけあった。

それは、オープニングとラストのシーン。

まずは、オープニング。とある屋上でカナエ(百田夏菜子)のナレーションから始まる。

「天使とジャンプ」

「天使とジャンプ」

「ある日、歌がきこえた。」

そこからTwinkle5が歌うTwinkle Winkのシーンに進む。
それはそれでオープニングとして自然な流れだったので、何の気にも留めることはなかったのだが、第2夜のラストで再び屋上のシーンに切り替わり、カナエ(百田夏菜子)のナレーションで締めくくられる。

「天使とジャンプ」

「ある日、歌がきこえたんだ。」

観終わったとき、正直「へ?どういう意味?」(゚Д゚≡゚Д゚)となった。


この件に関して、後日以下のようなツイートがされた。

しかし、上記のツイートは以下によって全否定される。


では、どういう意味なのだろうか。

ご存知のように、2013年12月23日に西武ドームにて開催された「White Hot Blizzard MOMOIRO CHRISTMAS 2013 美しき極寒の世界」(ももいろクリスマス2013)において、サプライズで国立競技場での公演(2014年3月15日・16日)が発表された。
kwkmさんのツイートにあるように「天使とジャンプ第2夜までがももクリです」と絡めて、実はドラマにおいて夏菜子が国立競技場の方角を向いていた!というのは、感動的で素敵な演出だとは思うが、たぶん「家に帰るまでが遠足です」的な発言でしかない思う。


もう一度、話を整理してみよう。

普通、こういったドラマでオープニングとラストが同じシーンというのは、ストーリーがまたループしていきますよ的な謎めいた意味合いを持たせ、視聴者にこれで話が終わったと感じさせないような意図を持たせている。それはそれで、ありがちな演出で、そういう目線で観てみるとなるほどとは思う。

つまり、「ある日、歌がきこえた」と天使であるカナエが登場。Twinkle5のような夢を失いかけたアイドルに再び歌声を甦らせ、そしてまた「ある日、歌がきこえたんだ」と次なる同じような夢を失いかけたアイドルのもとへ舞い降りる。

しかしながら、それは一般的な解釈であり、このドラマにおいては事情が異なる。一応ドラマの設定ではアイドルとして登場するが、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」としてはドラマに登場しない。ただし、ファンの人なら当然のように気づくと思うが、実際のももクロとリンクするところが多数出てくる。メンバーの設定色もそうだし、メンバーの脱退や、しおりんが髪を切るところ、えびぞりジャンプなんて夏菜子そのものである。

何が言いたいのかというと、オープニングとラストのシーンも、実際のももクロと無関係ではないのではないか。とある屋上。これは紛れもなくNHK放送センターの屋上ヘリポート。

tj_04.jpg

そこから夏菜子が見つめる風景については、前述のツイートにもあったように、国立競技場の方を向いてはいない。

「天使とジャンプ」

では、「歌がきこえた」のはどこからなのか…
お気づきだろうか。

tj_05.jpg

分かりやすく地図に文字を書き入れてみた。赤丸は夏菜子のいるNHKの屋上地点。そこから目と鼻の先にあるのが、代々木公園のケヤキ並木、そしてNHKホール。この場所が、ももクロにとっていかに大事な場所であるか…もはや言うまでもない。
厳密には、そちらの方向を向いていないが、耳はそちらに向いていると言い換えてもいいかもしれない。国立競技場までは距離が離れているけれど、この二つの場所からなら歌が聞こえてもおかしくはない距離である。

「ある日」というのは、ケヤキ並木で歌っていた頃のももクロを指すのかもしれないし、また紅白歌合戦への出場を果たしたももクロであるのかもしれない…


蛇足ながら、今年のNHK紅白歌合戦のテーマは「歌がここにある」である。

tj_06.jpg

カナエは、どこかで歌をきいているのだろうか。

2013-12-31-Tue [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
ももいろクローバーZ

なんだろうか(´・ω・`)この写真のももクロちゃんの幼さは。


ももいろクローバーZ
ももクリの1曲目教えてあげるー!|百田夏菜子 オフィシャルブログより

ももいろクローバーZ
ノンストップ|高城れに オフィシャルブログより

ももいろクローバーZ
ノンストップ|高城れに オフィシャルブログより


夏菜子がアップしていた写真と、れにちゃんがアップしていた写真は微妙に違うことに気づいた。


…ということで、アニメーションGIFを作成してみたww

ももいろクローバーZ

もう、ずーっと見てられるwww

2013-12-18-Wed [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
Twinkle5

ももいろクローバーZのインタビューが掲載されているということで、「TV station 2014年1号」(2013年12月16日発売)を買ってみた。インタビュー内容は、もちろんももクロちゃん初主演ドラマとなるNHK「天使とジャンプ」について。一応2ページ分あるので気になる人は読んでみましょう(´・∀・` )

掲載されていた写真がなかなかイイ感じだったのでカメラで撮ってみたw

天使とジャンプ
初期メンバー カナエ、ミーニャ(川添美奈)、ドッキー(五十嵐弥生)

天使とジャンプ
あーりんやす リコピー(原江梨子)、ノンノン(小野春乃)

実はコレ、1枚目の写真が右側、2枚目の写真が左側の見開きページになっているのだが、あーりんとかなこがこっそり手をつないでいるのである!

( ゚∀゚)o彡゚ あやかなこ!あやかなこ!

あやかなこ

あやかなこ

あやかなこ

\\\٩( 'ω' )و うおー! ////

2013-12-16-Mon [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
Copyright © 2017 ももクロちゃんはじめました。. all rights reserved.