ももクロちゃんはじめました。
ももいろクローバーZの動画・画像・CD・DVD・本などを紹介しています
ももいろクローバーZ

このブログを始めた理由というか、きっかけについて書き留めておくことにする。

というか、本当はそういう裏話的なことはタブーというか、書いちゃあいけない。ダイハツのCMでも言ってたでしょ?「裏付けを表に出してどうするんだ」ってw
まぁそのへんのところは無視して、話を進めていく。ドンドン書き進めていかないと話のオチを途中で忘れてしまったり、結局何が書きたかったのかを忘れてしまうから、というのは内緒の話だ。


(この時点で何を書こうとしているのか忘れかけているw)
えーと、そう、このブログを始めたきっかけ。ももクロに興味を持ち始めてからというもの、以前からやっていたTwitterでのつぶやきの話題がももクロのことばかりになってしまい、というか140文字以内で語れなくなってしまい、それならばとブログで書いちゃえという名案を思いついたからである。そう、ももクロちゃんにハマった人は、ももクロのことを語りたくなるというある種の病に陥るようだ。

また別の理由としては、ももクロに関する情報、イベントであったりメディアの情報であったりを、ある意味データベース的にWEB上に残せないかなと、いうのもある。公式サイトが一番信頼のおける情報であるのは間違いないが、アーカイブとしての情報をちゃんと載せていない。乗せ忘れているのかわざとなのかは定かではないが、結構抜けている情報がある。また公式であるがゆえに、Youtubeなどにアップされているグレーゾーンの動画などは掲載できない。そういうものもひっくるめて、このブログに集積させてやろう、というのが壮大なる目的の一つでもある。

ももいろクローバーZ

ある意味自己満足。公開している以上は見る人の目を意識してはいるが、ももクロちゃんの魅力をより多くの人に、ももクロファンを増やすために布教活動的なことをするつもりは全くない。結果的にそうなるのであればそれはそれで結構(´・∀・` )という程度。

ようするに、ただ語りたいだけなのである。

このブログの唯一ともいえるオリジナルコンテンツ「雑記」カテゴリーは、もはやももクロのしゃべり場と化している。(独り言ですけどw)


さて、ここまでが「ももクロちゃんはじめました。」を始めた理由について。
さきほど、Twitterではつぶやききれなくなったと書いたが、その発端となったのは、なぜ自分はここまで「ももクロ」にハマったのかを文章にしながら考えたかったから。その結果こういう記事を書いた→「なぜ、ももクロにハマったかを考察してみる

ももクロにハマった経緯を順を追って書き表すことで何か分かるのではないか。と思ったが明確な答えは出なかった。そこで第2弾というわけではないが、逆にいま「ももいろクローバーZ」を名前くらいは知っているけど、ほとんど知らない人に、興味を持たせる前提で、ファンにならせる前提で、いやハマらせる前提でw、おススメするコンテンツは何かな、とふと考えた。
布教するつもりは全くないといいながら、こんなことを考えてしまうのは、やはりももクロの魅力を多くの人に知ってもらいたいという深層心理が働いているのかもしれないが、その辺のところは深く突っ込まない。


ライブはおろか曲も聴いたことない人へ、という前提で話を進める。
順番も含めての話である。何も知らない人が、いきなり「ミライボウル」の変則的なミュージカル風の楽曲を聴いてドン引きしてしまうかもしれない。(「ミライボウル」からハマった人には申し訳ない。)まぁハマる人は、何から聴いても、たとえ歌を歌わないテレビ番組から観てもハマるんだろうけど、それを言ってしまうとこの記事を書く意味を根本から覆されてしまうので、結局個人的にオススメするコンテンツ、順番、ということになる。
「ももクロちゃんは、金太郎アメみたく、どこを切っても美味しいよ!」という意見もありそうだが、やはりものには順番というものがある。いきなり『シロメ』を観ても何のこっちゃ意味が分からない(いきなりじゃなくても意味が分からないという意見は却下する)と思うし、順々にハマっていけば、その本当のオモシロさ、ももクロちゃんの魅力も分かるというものである。



世間一般では、「ももいろクローバーに全く興味がない人も応援したくなっちゃう動画」なるものが、その名の通りよく挙げられるコンテンツではないかと思う。スタッフさんもTwitterで、この動画のURLをRTしたとかしないとか。



σ(・ω・*)個人としては、ももクロのことを何も知らない状態でこの動画を観てハマるかどうかは疑問がある。まぁ最初のきっかけとしてはアリなのかな。どうなのかな。
じゃあ何を紹介するねん、という話になるが、↓の「走れ!」の動画はやはりはずせないかなと思う。



映画『モテキ』でも引用されている(映画まだ見てないので詳細は分からない(´・ω・`))らしいので、ベタといえばベタだが、6人だったころの「ももいろクローバー」のライブ動画として、初心者の人にオススメできるものではないかと思う。(←何を偉そうにw)


以下、順番に動画や他のコンテンツも含めて紹介していこうかと思ったがやめた(めんどくさくなったからでは決してない)。

結局のところ何を見てもハマらない人はハマらないし、ハマる人は何を見てもハマるんじゃなかろうか、というのが理由だ。まぁしいて言えば、ひととおりネットにある動画関係(ライブ中心に)を見て、見ていくうちに「あれ?青色のコ。あかりんっていうんだっけ。辞めちゃったの?」と思ったら、σ(・ω・*)が以前書いた記事、早見あかり「ももクロ脱退」の記録を一度読んでみるといい。



ていうか、ていうか、(重要なことなので2回言いました)このブログにたどり着いている人は、もうももクロにハマっている人なんじゃないか、とうすうす感じ始めている今日この頃w もっとディープな内容を求めているのではないか。

まぁでも、ももクロに少し興味を持ち始めて検索したら偶然たどり着いたという人も中にはいてるかもしれないので、そんな人には是非「極楽門からこんにちは」の映像をオススメしたいと思う。ここ最近のももいろクローバーZのライブの真骨頂ともいえる内容に仕上がってると思う。異論は認めない(`・ω・´)キリッ


この記事にまとめてみた(σ´∀`)σ 「極楽門からこんにちは」


最後、アンコールの際、夏菜子があるコメントを言うのだが、直後「全力少女」のイントロが流れる。鳥肌立ったのは言うまでもない。この動画はCSのテレ朝チャンネルで放送されたものだが、最初の40分もあるメイキングシーンや寸劇、ライブでも披露した「行くぜっ!怪盗少女」や「走れ!」は、Youtubeさんでは見つからなかった(他の動画サイトには掲載されている)ので紹介していない。

補足になるが「極楽門からこんにちは」とは、2011年8月20日東京・よみうりランド オープンシアターEASTにて開催された、ももいろクローバーZ初の単独野外イベント「サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは」のことである。

その一部始終を収めたDVDが今冬に発売されるようである。
買わない理由があるだろうか?

ももいろクローバーZ

「極楽門」のDVD早く欲しい!щ(゚д゚щ) ←結局コレがやりたかっただけ

2011-10-09-Sun [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
Copyright © 2019 ももクロちゃんはじめました。. all rights reserved.