ももクロちゃんはじめました。
ももいろクローバーZの動画・画像・CD・DVD・本などを紹介しています
ももクロ流 ~5人へ伝えたこと 5人から教わったこと~ [単行本]

ももクロ流 ~5人へ伝えたこと 5人から教わったこと~ [単行本]

「ももクロ流 ~5人へ伝えたこと 5人から教わったこと~」[単行本]

発売日:2014年6月18日(水)
価格:¥1,400
発売元:日経BP社
著者:川上アキラ(ももいろクローバーZチーフマネージャー)

<内容>
スタートとなった代々木公演の路上ライブの観客は数十人。しかし、その6年後の2014年3月には、夢だった国立競技場公演に2日で11万人を動員した「ももいろクローバーZ」。驚異的な成長を見せたこのアイドルグループを育て上げたチーフマネジャーの川上アキラ氏が、結成からこれまでの歩みを明かす。
「お前の歌とダンスは本当にここまで届くのか!」と高城れにを横浜アリーナの客席最上段まで引っ張り上げ、有安杏果には事務所の後輩とユニットを組ませてプレッシャーをかける。最年少の佐々木彩夏が年上のメンバーたちに食ってかかる姿を静かに見守り、決まっていた玉井詩織の移籍を「グループに絶対必要」と阻止。そして再三拒否をした百田夏菜子をリーダーに指名…。ムチャブリの裏にあった川上氏のマネジメント哲学と、メンバーとの闘いの歴史をひも解いた“知られざるももクロ”が満載。

【巻頭カラー】 メンバーポートレート
路上ライブから国立競技場まで~写真で振り返るももクロの6年

【PART1:独白】 ももクロに伝えたこと、与えた場
6年の歴史とともに知る、最強アイドルを作ったマネジメント哲学
2007年 “非A級”で始まったアイドルプロジェクト
2008年 路上からのスタートは自然な流れだった
2009年 ワゴンで全国ツアー、ももクロに“無理”はない
2010年 メジャーデビューして感じた手作りの限界
2011年 メンバー脱退、5人の「Z」で描いた未来図
2012年 夢の「紅白歌合戦」を経て、第2段階へ
2013年 “等身大”から“魅せる”ももクロへと進化
2014年 5人の成長が可能にした国立競技場ライブ
川上の考え アイドルという仕事、マネージャーという仕事
番外編 玉井&川上が振り返る「あのライブ会場」

【PART2:対決】 メンバーと1対1で激突!「炎の10番勝負! 」
第一印象から記憶に残る出来事、不満点までメンバーと川上氏がトークバトル
・高城れに「昔は『アイドルなのに…』って悩むことばかりでした」
・有安杏果「加入時は1曲しか踊れず、握手を拒否されたことも…」
・佐々木彩夏「私、今まで川上さんに怒られた記憶がないんですよ」
・玉井詩織「あかりんが辞めたとき、自分に何ができるか考えました」
・百田夏菜子「リーダーになるのがイヤで初めて反抗期が来ました」
※日経エンタテインメント!連載「ももクロ61分3本勝負」を大幅加筆・修正

【PART3:検証】 ももクロ全員集合!「嵐の大座談会」
「できないと言うな」「考えるタレントになれ」…5人の胸に響いた一言は?

<参照ページ>
ももクロ流 ~5人へ伝えたこと 5人から教わったこと~ [単行本]

2014-06-18-Wed [ 記事URL ] カテゴリ:[ 公式本 ] page top
Copyright © 2019 ももクロちゃんはじめました。. all rights reserved.