ももクロちゃんはじめました。
ももいろクローバーZの動画・画像・CD・DVD・本などを紹介しています
ももいろクローバーZ

最近、情報系番組でも取り上げられることが多くなった「ももいろクローバーZ」。人気の秘密は何なのかと、その魅力は何なのかと、「ももクロ」を知らない人にも伝えようといろいろ試行錯誤している。そのほとんどが、奇抜な振り付けやパフォーマンスであったり、いわゆるアイドルに興味なかった人もこんなにハマっているんです的な紹介のされ方をしていて、ん?と思うことが目に付くようになった。

限られた時間内で紹介するには、そういった万人受けしそうな、表面上分かりやすい部分だけを取り上げるのはしょうがないと言えなくもないが、中には少しズレた捉え方をしている番組もあって、なんだかなー(´・ω・`)と思ったので、この記事を書くことにした。

ももいろクローバーZの魅力とは何なのか?

「全力のライブ」?「楽曲の良さ」?「アイドルらしくないところ」?

いずれも間違ってはいない。ただし、それで全てを表しているかというと、言葉足らずというか、他にもいっぱい魅力があるんだけどなー、となってしまう。つまり魅力的な部分がいっぱいあり過ぎて、とてもじゃないけど一言でなんて言い表せない。人によって感じる魅力は様々で、これが正解なんてものはない。ただ、表面上以外の部分の魅力があまり語られていないのがもどかしく感じる。

一つは、メンバー個々の人柄。人間性と言ってもいいかもしれない。アイドルっぽくないところがクローズアップされるが、いわゆるアイドルっぽくないアイドルグループというのは、ももクロ以外にも実は結構存在する。過激なパフォーマンスやアイドルらしからぬ言動をしたところで、みんなに好かれるその人柄力が伴っていないと、ただのキワモノアイドルになりかねない。ももクロの魅力は、メンバーそれぞれの人柄を抜きには語れない。時には、単純に好きという感情を通り越して、尊敬の念を抱いてしまうことが多々ある。また逆に、いい意味でヌケているというか、おバカなまでの天真爛漫さも合わせ持っていることが、見ている者をほっこりとした気持ちにしてくれる。

もう一つは、メンバーの成長。その場面場面での出来事を、点ではなく線でつなげて見ていくとより分かるが、貪欲なまでに吸収しそして実践していく。歌であったりトークであったり、また精神的な面であったり。

ももいろクローバーZとは、“全力”をテーマに圧倒的な速度で多感な時期を駆け抜け、幾多の困難を乗り越え、アイドルとしても人間としても大きく成長し続けていく物語。

こんな表現が、大げさではないと感じるのである。


話はそれるが、一つ違和感を感じていることがある。それは「ももクロはアイドルじゃない」という表現。アイドルに興味がなかったのに、ももクロにハマってしまった。この自分がアイドルにハマるはずがない。だからももクロはアイドルではない。と、自分を納得させるための言い訳にも似た言葉。

たしかに、メンバー自らも「私たちはアイドルっぽくない」と言っているが、アイドルであることを否定しているわけではない。アイドルの定義はよく分からないが、元気をくれる、感動を与えてくれる、そして応援したくなる、それらの要素を十二分に満たしている。もちろん可愛いという要素も含まれる。つまりアイドルに他ならない。アイドルなのに、いやアイドルだからこそ、ももクロがももクロとして成立すると言っても過言ではない。


この記事を書くにあたって、本当は「ももクロの魅力」というものを、ずらーっと挙げていこうと思っていたが、省略した。

笑顔と元気を与えてくれる

これで十分ではないだろうか、と思ったから。


2012-05-02-Wed [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
Copyright © 2017 ももクロちゃんはじめました。. all rights reserved.