ももクロちゃんはじめました。
ももいろクローバーZの動画・画像・CD・DVD・本などを紹介しています
Z女戦争

「Z女戦争」のPVが公開されるやいなや、こぞってみんな感想などをTwitterや自分のブログなどに書いている。簡単にいうと賛否両論。“賛”の人の感想は、だいたいシンプル。「すごくいい!」みたいな感じ。”否”の人の感想は、あれやこれやと理屈をこねている感じ。Aメロがどーのとか、Bメロがどーのとか。音楽評論家気取りなのでしょうか(´・ω・`) ヒドイ人は、「ももクロをサブカルのオモチャにしないで!」と訴えている。

否定するのは、ももクロが好きであるがゆえなのは分かる。なぜ、「走れ!」や「コノウタ」などのようにいわゆる王道ソングで勝負しないのか、という気持ちも分かる。運営は本当に紅白に出場する気があるのか、と疑問に思う気持ちも分かる。

分かるけど、あんたは評論家なのか?運営側の人間なのか?なんなのなんなのー?(´・ω・`)

・・・と、今までさんざん「雑記」で色々書いてきたおまえが言うな←と言われそうだが、なんだかなーというのが正直なところ。そんなことは、百も承知で制作してるとなぜ思えないのか。なぜ短期間のスパンで物事を見ようとするのか。否定する人の多くは、知名度も上がり勢いのある今、正統派ソングで勝負しないと紅白に出られないではないか!なぜ一風変わった楽曲ばかりリリースするのか!などと叫ぶ。

イヤならももクロのファンを辞めろなどとはもちろん言わないし、それはももクロのことが本当に好きだからこその意見なのだろう。こういうことを書いている時点で、おまえこそ評論家気取りやんけ!と言われてしまえば、何も書けなくなるのでその辺は深く考えないでスルー。

ももクロが今までリリースしてきた楽曲を見てみると、一般的に言えば変な楽曲だらけである。今さら王道だ正統だというほうがおかしい。今やももクロの代表曲と呼べる「行くぜっ!怪盗少女」や「Z伝説~終わりなき革命~」も言ってしまえば変な楽曲である。「走れ!」や「オレンジノート」などのいわゆる正統派ソングから、サビが“コ”だけの「ココ☆ナツ」や転調ハンパない「ミライボウル」、宿題が終わらないことだけを歌う「ワニとシャンプー」などなど、これだけ幅広い楽曲を歌えるアイドル(アーティストも含めて)はそういない。

今回のシングルからカップリングを含めて、初めて前山田氏以外の作曲家に依頼している。前山田氏が作った曲は意図的なものを除いて同じ人間が作ったとは思えないほど多様だが、それでもあえて彼をはずし、他の作曲家から新たなものを取り入れようとしているのが窺える。曲の振り幅をもっと広げ、可能性を見つめつつ、単に紅白への出場だけを目標にせず、長期的な視点で考えているように思えてならない。まさに紅白の向こう側である。

これ以上書くと、「乙!」とか言われそうなので、この辺にしておく。

2012-06-13-Wed [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
Copyright © 2019 ももクロちゃんはじめました。. all rights reserved.