ももクロちゃんはじめました。
ももいろクローバーZの動画・画像・CD・DVD・本などを紹介しています
ももいろクローバーZ

「ももクリ」行って来た方たち。お疲れさまでした。σ(・ω・*)は大阪ノフだが、チケットが取れたら埼玉まで行く覚悟をしていたが、残念ながら願いは叶わず。ライブビューイングも考えたが、いろいろ忙しくて(リア充ではない)ネットで情報を追うのが精一杯。楽しい二日間となったようでなによりです。

さて、そんな今回の「ももクリ」では、早見あかりを含めたこれまでの活動映像が流されたとのこと。「総決算」の意味合いだろうけど、一部では「紅白の向こう側」とは、早見あかりとの完全なる決別を意味するのではないかとの考察もされているようで。

σ(・ω・*)は、そうは思わない。

もちろん、「早見あかり」を引きづるという意味ではない。5人は、ももクロにもはや早見あかりがいなくてもやっていけてる。一つ心残りがあるとすれば、それは「6人」で紅白の舞台に立つという夢。その夢は、審査員もしくは司会者としての女優早見あかりと、ももいろクローバーZという形で実現不可能になったわけではない。

それは、裏テーマというか、「ももいろクローバー」としての夢なのかもしれない。

ももいろクローバーZは、ももいろクローバーZであり、ももいろクローバーとは違う。ももいろクローバーとは早見あかりが存在するグループなのだ。ただし、ももいろクローバーZは最初からももいろクローバーZだったわけではない。ももいろクローバーがあってのももいろクローバーZ。


何を言いたいのか分からなくなってきた(´・ω・`)


つまり、今回の「ももクリ」で早見あかりという存在からの脱皮というのは違和感があるということ。個人的には、それは2011年のももクリで「白い風」を披露したときに既に脱皮しているのではないかと。


いろいろ書いたが、前にも言ったかと思うけど、このブログで早見あかりの情報を取り上げるのは、元ももクロだからというよりも、先ほどの裏テーマが実現するまでは、という想いと、ももいろクローバーというグループに早見あかりという人間がいたことは忘れてはならない(本人も忘れないでほしいと言っている)というのと、単にσ(・ω・*)が好きだからという理由からである。


はい、長い前置きが終わりました。

雑誌「with 2013年2月号」のコーナーに、早見あかりが主演で掲載されているということで、女子ノフでもないのに気づいたら手にとっていた。

with 2013年2月号 [雑誌]

以下、サクっと撮ってみた写真。


早見あかり

早見あかり

早見あかり

美しすぎる(*´ェ`*)

これは主演コーナーの一部だが、これよりも大きな写真が予告されていなかった冒頭のページにも掲載されていた!

早見あかり

早見あかり

早見あかり

(´゚ω゚):;*.:;ブッッー!!!

まだ17歳ですよ!高校生ですよ!信じられますか?奥さん!

宮崎あおい

ちなみに表紙になっている宮崎あおいちゃんは、27歳。



P.S.「紅白の向こう側」についての考察とか時間があればやってみたい(´・ω・`)

2012-12-26-Wed [ 記事URL ] カテゴリ:[ 雑記 ] page top
Copyright © 2020 ももクロちゃんはじめました。. all rights reserved.